災害に備える

災害発生時に必要なお金を用意しよう

更新日:

財産の確認をしたら次にしたいのが現金の用意です。災害発生から数日間は現金が必要になる場面が多くあります。

災害時に必要なのは現金

自然災害発生から数日間は、ライフラインのストップが考えられます。自治体も混乱し、被害が大きければ備蓄が不足する可能性も高くなるため、政府は一週間程度の備蓄を呼びかけています。

備蓄は大切ですが、過去の震災で、ライフラインが確保されている地域や被害が少ない店舗は災害発生後すぐに営業を再開しています。しかし、システム上の問題や停電などで電子マネーやクレジットカードが使えない事も多く、レジが使えない場合は値段をざっくり付けて販売する事があります。

つまり、震災後はモノの値段が上がる可能性と現金でしか物を購入出来ない可能性が高いのです。過去の震災では、ガソリン価格が高騰し、10リッター入れるのに5,000円支払ったという事もあったそうです。

こんな時に自分を守ってくれるのが、手元の現金です!

金額はいくら?

では、いくらくらい必要になるのでしょうか。これは被害状況や避難状況によって異なります。

目安は5万円~20万円と言われています。停電になるとATMでの引き出しが出来ないため金融機関も営業ストップとなる可能性があります。

手元の現金でしか生活が出来なくなるため、その期間が長ければ長いほど生活費は必要になります。また、遠方に避難する場合はその交通費などもかかります。

ただ、最近では過去の震災教訓から移動式のATMがすぐに始動する事もあります。家族構成や普段の生活費などを参考に手持ちの現金を備えましょう。

備え方

現金は、千円札や小銭を大目に用意しましょう。停電時はレジが使えないし、混雑も予想されます。そのためおつりを出せない事があります。

また、通信状態が不安定になり、スマホや携帯の電話が使えなくても公衆電話なら繋がるという事があります。公衆電話は小銭しか使えないので小銭を用意しておくと便利です。

最近では災害時でも使える自動販売機もあります。近くにあれば水分の確保が出来ますが、こちらも1万円札など大きいお金が使えない可能性もありますので、お金は千円札や小銭で用意しましょう。

ちなみに、小銭貯金している方はそれを災害時に使う事も出来ます。私の場合は小銭貯金と兼ねて、災害時用にダイソーで買ったこのようなコインケースに入れて準備をしています。

備える場所

備える場所は盗難の可能性もあるので分散する事をオススメします。

避難バッグ、普段持ち歩く財布、冷蔵庫、金庫等です。

隠れ優秀な場所は冷蔵庫です。

冷蔵庫は倒れないようにすることが前提ですが、作りが頑丈なので比較的安全に保管できる場所だそうです。

他にも耐火式の金庫やカバンの中にほかんをしておけば地震で火災が起きても、資産を守ることが出来ます。家庭にあった方法で分散して用意しておきましょう。

注意点

災害時の現金を用意する場合は以下のことに注意しましょう。

1.場所を忘れないようにする事

2.家族にも伝えておく事

災害はいつ来るか分かりません。

現金用意した数年後、もしくは数十年後かもしれません。

なのでどこにいくら用意したのか忘れないようにしましょう。

また、災害はどこで遭うか分かりません。

自分は外にいて、家族が家に居ても、現金の場合が分からなければ持ち出すことが出来ません。

何かあった時のためにも家族にも場所と金額を伝えておきましょう。

-災害に備える

Copyright© FPの「お金で備える」防災対策 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.